ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
Inquiry

沿革

1884年7月 三菱の創業者 岩崎彌太郎が工部省所轄長崎造船局を借り受け、これを長崎造船所と命名し、造船事業を本格的に展開
1885年 舶用ボイラ初号機を製作。その後、エンジン、タービン、過給機、プロペラ、フィンスタビライザ、舵取機、デッキクレーン、甲板機械を順次製作
1977年10月 三菱重工の舶用エンジン等の設計並びにアフターサービスを行う会社として、MHIディーゼルサービス株式会社を設立
資本金25百万円 三菱重工出資比率100%
2011年4月 三菱重工の舶用機械及びエンジン事業の一体運営を実現するため、三菱重工が舶用機械・エンジン事業部を原動機事業本部内に発足
2013年10月 MHIディーゼルサービスエンジニアリング株式会社の資本金を増資するとともに、三菱重工の舶用機械及びエンジンの開発・設計・販売・アフターサービス及びライセンス業務を承継し、三菱重工舶用機械エンジン株式会社に商号変更
2017年4月 UEディーゼル事業を神戸発動機株式会社に移管し、株式会社ジャパンエンジンコーポレーションが発足、三菱重工マリンマシナリ株式会社に商号変更