ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
Inquiry
Press Information

2014年3月24日 発行 No.MME0008

欧州、シンガポール、米国拠点に舶用機械駐在員を派遣
舶用機械のグローバル展開を加速

三菱重工舶用機械エンジン(MHI-MME)は4月より舶用機械の駐在員をロンドン(英国)、シンガポール及びロサンゼルス(米国)に配置し、舶用機械のグローバルネットワーク体制の強化を図ります。

これまで、MHI-MMEはエンジニアをハンブルク(ドイツ)、シンガポール、上海(中国)、釜山(韓国)の4か所に配置していました。今回新たに3名のエンジニアを三菱重工業(以下三菱重工)のグローバル拠点に追加配置します。

欧州拠点(Mitsubishi Heavy Industries Europe, Ltd.(MHIE))では、4月1日にハンブルクからロンドンに事務所を移し、さらにエンジニアを1名追加派遣し、舶用エンジン及び舶用機械の駐在エンジニア2名体制とし、これまで以上のサービスを提供する体制とします。また、シンガポール(Mitsubishi Heavy Industries Engineering & Services Private Ltd.(MIES))にもエンジニアを追加し、舶用ディーゼルと舶用機械の両分野をカバーできる体制とします。

さらに、ロサンゼルス(Mitsubishi Heavy Industries America, Inc. (MHIA))には新たに当社技術者が駐在します。

今回の駐在員増強はMHI-MMEが目指す三大戦略の「グローバル化」、「サービス強化」及び「プロジェクトMEET」の強化を目指したもので、お客様が求めるサービスを提供できる体制を構築して参ります。

三菱重工舶用機械エンジンの拠点.jpg
三菱重工舶用機械エンジンの拠点