ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
Inquiry
Press Information

2014年7月1日 発行 No.MME0019

UEC33LSE/35LSEエンジン初号機完成
クラス世界最高の省エネ性を実現

三菱重工舶用機械エンジンは、同社が開発した低速舶用ディーゼルエンジン(UEエンジン)のLSE型シリーズ最新鋭エンジンUEC33LSE/35LSEを本格的に市場投入します。 UEC33LSE/35LSEエンジンは徹底した市場調査に基づき、3万トン未満のばら積み船やケミカルタンカー、セメント船、内航フェリーなどの幅広い船種に最適な出力・回転数としており、燃料消費率は、従来のUEエンジンと同様、他社エンジンを凌駕する優位性を確保、陸上運転結果からも高い省エネ性が示されました。

UEC35LSEエンジンは、バルチラ社との共同開発により、同社の豊富な設計ノウハウをフィードバックすることで、従来のUEエンジンの信頼性を一層高めた設計となっています。 また、UEC33LSEエンジンは、ロングストローク/低回転化によるプロペラ推進効率の向上を図り、お客様の省エネニーズを実現したエンジンであり、早期市場投入するべく、35LSEエンジンをベースにダウンサイジングすることで、開発期間の短縮を実現しました。

UEC35LSEエンジン初号機は、三菱重工舶用機械エンジンのライセンシーである神戸発動機株式会社に委託製造し、2013年8月に完成。三菱重工業株式会社下関造船所建造の東海汽船株式会社向け貨客船「橘丸」に搭載し、本年6月に就航しました。

UEC33LSEエンジン初号機は、三菱重工舶用機械エンジンのライセンシーである、株式会社赤阪鐵工所が製造し、本年5月に完成。北日本造船株式会社建造の大和汽船株式会社向けのケミカルタンカーに搭載予定です。海外では、三菱重工舶用機械エンジンの中国ライセンシーである、浙江洋普重机有限公司が台州楓葉船業有限公司にて建造するコンテナ船向けにUEC33LSEエンジンを連続受注しています。

今回の戦略的最新鋭LSEエンジンの市場投入を弾みに、三菱重工舶用機械エンジンは国内外のライセンシーと更なる連携を図り、積極的な営業活動を展開して参ります。

UEC-33LSE初号機.jpg
UEC-33LSE初号機

UEC-35LSE初号機.jpg
UEC-35LSE初号機