ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
Inquiry
Press Information

2014年8月5日 発行 No.MME0020

「Marintec South America (Navalshore) 2014」に出展
FPSO/FLNG用ボイラ・タービンを紹介

三菱重工舶用機械エンジンは8月12~14日にブラジル・リオデジャネイロのSul America Convention Centerにて開催されるMarintec South Americaに出展します。当社の本展示会への出展は3年連続となり、オフショア市場が拡大するブラジルにおいて、FPSOやFLNG用のボイラ・タービンや舶用エンジンを紹介します

Marintec South Americaは毎年開催される国際海事展示会で、今年から展示会名がNavalshoreから変更されました。ブラジルはPetrobrasを中心にオフショア市場が急速に拡大しており、本展示会にもオフショア関係者が多数参加します。当社ブース(ブース番号519)は、日本舶用工業会が設置するJapan Pavilion内に構え、オフショア用ボイラ・タービン、舶用エンジンのほか、当社が誇る親環境・省エネルギーのソリューション提案であるプロジェクトMEETも紹介する予定です。

さらに、8月11日には国土交通省主催の日伯官民連携ラウンドテーブルが開催され、当社も参加を予定しています。今回のラウンドテーブルでは前回取り上げられた造船サプライチェーンの構築が議論される予定で、Petrobrasをはじめ、多くのブラジル海洋/造船関係者が参加します。

前回の日伯官民連携ラウンドテーブルの様子.jpg
前回の日伯官民連携ラウンドテーブルの様子