ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
Inquiry

Press Information

2017年1月30日 発行 No.MME0073

世界最大級大型電動油圧舵取機DFT-1150を納入
今治造船建造世界最大クラス20,000TEUコンテナ船に搭載

三菱重工舶用機械エンジンは、今治造船株式会社が建造する世界最大クラスの20,000TEUコンテナ船に搭載される電動油圧舵取機を納入しました。

今回納入した電動油圧舵取機は、世界最大級となるDFT-1150(最大出力トルク:11,307 kN-m)であり、今治造船株式会社西条工場で建造される20,000TEUコンテナ船に搭載されます。

三菱電動油圧舵取機は1935年の製造開始以来、80年以上の歴史があり、小型から大型まで様々な船舶に搭載され、累計生産台数10,000台を超える実績があります。また、海外造船所のニーズにきめ細かく対応するため、韓国の油源産業及び中国の江蘇政田重工と製造・販売ライセンス契約を締結しております。

今後、今治造船株式会社丸亀事業本部及び広島工場にてそれぞれ建造される20,000TEU及び14,000TEUコンテナ船向けにDFT-1150の他、DFT-870、DFT-760の大型舵取機を連続納入することが決定しております。

今後もお客様が求めるニーズに応えた様々な型式の開発に努めて参ります。

0073_MitsubishiElectro-HydraulicSteeringGearDFT-1150.jpg
三菱電動油圧舵取機DFT-1150