ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
Inquiry

三菱MAP Mark-W プロペラ

三菱MAP Mark-Wプロペラ
  • MAP(Mitsubishi Advanced Propeller)は燃費低減及び居住性の向上というお客様の強い要望により生まれました。
    当社はお客様からの設計条件をもとに、三菱重工の豊富な船舶建造実績を含むこれまでの経験と、高度な技術を最大限に活用し、最適なプロペラを設計しています。

    MAP Mark-Wのソリューションはこちら

特徴

  • 経済性
    • - 高い推進効率を実現
  • 高い信頼性
    • - 十分なプロペラ翼強度
    • - 優れたキャビテーション性能
  • コンパクトなデザイン
    • - プロペラ重量と慣性モーメントを低減

歴史

三菱重工及び三菱重工舶用機械エンジンはプロペラの1904年に生産を開始し100年以上の歴史があり、これまでに5,500基を超えるプロペラを生産してきました。当社のプロペラは三菱重工の船舶関連の研究部門とも協力し、あらゆる新造船に対して、個々に最新のプロペラ設計を提供しています。

歴史

アフターサービス

推奨メニュー:

MAP Mark-Wのレトロフィット

多くの船社が減速運航に取り組んでいます。MAP Mark-Wは減速運航にあわせた設計を行うことで、あらゆる運転負荷、船型においても燃費改善が可能で、レトロフィットにも適用が可能です。MAP Mark-Wはプロペラ推進効率を高め、燃料費用を低減するとともに、環境への負荷を下げ、地球温暖化への対応が可能です。また、レトロフィットの初期投資は既存のプロペラをリサイクルすることでコストを最小化することができます。

■ Evaluation of Fuel Savings